くじ師のお店

ragnarok online ver鯖のくじ師 桜娘のお店です♪このたび閉店いたしました!今まで本当にありがとう!!
2017/10:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ふぃくしょん+ 随時追加予定

新作小説開始しました♪
前作とはちょっと違う感じに書いていきたいですねー
試行錯誤しながらですが随時この記事に追加していく予定ですw

であ素敵な旅を・・



ふぃくしょん+ プロローグ

遠い国の物語・・

ミッドガルドからは遥か遠い雪に埋もれた小さな王国・・
この物語はその国の王家の一室から始まった・・

『王よ・・お喜びください・・元気な男の子です』
使者が一報を告げる。

『おお!でかした我妃よ!!』

この国の王バルドルは朗報を聞き急いで産室へと向かった。

『王様・・』『おめでとうございます!』
側近達が祝福の言葉を告げるが、その言葉より早く彼は歩み
扉を開けた。

『あ・・あなた・・』
彼の妃のノルンが力なく微笑んでいる

『よくやってくれたノルン!!後継者の誕生だ・・
さあ国をあげて盛大に祝おうじゃないか!!』

王は満面の喜びを表し妃の手を握り締めた。

『・・・・・・』

『どうした?このような素晴らしいこと!
3日3晩祝っても足りないくらいだ!!神よ・・感謝いたします!!』
バルドルは高揚し声を上げた・・

長年この王家に使える産婆のウルズが王に語りかける・・

『王よ・・実は問題があるのじゃ・・』

『問題??一体なんだ??』

『こちらへいらっしゃれ・・』

ウルズは部屋の奥の小さなベットに案内した

近づくにつれてかすかな泣き声・・母をもとめてぐずる声が聞こえる
バルドルは頬が緩み初の我が子との対面の時に胸を躍らせた・・

『こちらですじゃ・・』

ウルズは王をそのベットの横に案内し
生まれたばかりの子にかかる布を取り外して見せた。

『・・・・・・・・なんてことだ・・・なんて・・・』

バルドルは絶句した・・そこにいる我が子を見て動けなかった・・

『1000年の呪いですじゃ・・あのときのあの呪いが今・・』

『馬鹿な・・なぜ・・私が何をしたというのだ・・』
バルドルは震え全身から力が抜け落ちるような気配を感じた。

『王よ・・このことは公表するわけにはいくまい・・
皆に知られればこの国は混乱し破滅へと向かうじゃろ・・
決断せねばならんのじゃ・・』

『ウルズ・・・』

『ご決断くだされ・・生まれてきてはいけない子じゃったのじゃ・・』

バルドルは腰のサーベルを抜いて構える・・
『・・・すまぬ・・我が愛しき子よ・・許せ・・』

その剣が生まれたばかりの小さな命の炎を消さんとするその瞬間
ノルンが我が子に覆いかぶさった。

『ノルンそこをどけ!』

『いやです・・だめです・・どんなことがあれ
生まれていけない命などありません・・王よ・・お願いです・・
ご慈悲を・・お願いです・・』

体力を消耗しきっているはずのノルンであったが必死の
思いで王に訴えかける。

『王妃よ・・わかっておろう・・その子の未来が・・
幸せにはなれん・・そしてこの国にも災厄を呼ぶ・・
私は王として為すべきことを為さねばならんのだ・・・』

『嫌です・・この子を殺すというなら私ごと貫いてください・・
たとえ何があってもこの子は私の子・・幸せになれなくてもいい
生きて・・生きていてくれれば・・・』
ノルンは思いの限り叫んだ・・

『ならば仕方がない・・・残念だノルン・・』

バルドルは再び構えその剣先を振り下ろす。
ノルンは目を閉じ覚悟を決めた・・

時が凍る・・風切り音だけがその場を支配した。

剣先は数センチのところで止まった。
バルドルはこれ以上振り下ろすことができなかった。
・・・・そしてやがて鞘へと戻っていった。

『・・・しかたあるまい・・・生まれてすぐに死んだと発表し
その子は城の奥の塔にでも隔離するしか手がない・・』

バルドルはノルンを抱きかかえた。

『王よ・・感謝いたします・・』
涙がとめどなく溢れてくる。

『このことは決して口外してはならん・・
私達の子は今ここで死んだのだ・・
これから先この子は一生塔から出れずに過ごすことになる・・
それでもいいのだな・・』

『生きていてさえくれれば・・それ以外は望みません・・』

『・・・そうか・・』王は再び我が子を見た・・
呪われた子・・愛しき子・・どちらの感情も真実である・・

『ウルズ!後のことは任せた・・私をすこし一人にさせてくれ・・』
極度の疲労、精神の苦痛・・絶望・・
王はよろよろと部屋を後にした。

通路に出た王は静かに泣いた・・



『ウルズ・・お願いいたします・・この子をなんとか・・』
ノルンはそういうと力尽き倒れた・・
出産で相当の体力を消耗しており・・体からは血の気が失せている。

あわててウルズが衛兵を呼んだ・・
救護兵が急いでノルンを担架に乗せ医務室へと運んだ。

ノルンが去り部屋には二人だけが残る。

『悲しき子よ・・慈悲によって生かされた子よ・・
名も与えられなかった南塔の王子・・・』
ウルズもまた今回の後継者の誕生を心待ちにしていた・・
それだけに落胆の思いは計り知れなかった。

ウルズは子を布で包みそっと南塔へと向かった・・

つづく

▼Read More

スポンサーサイト

 小説【ふぃくしょん】no.1

こんばんわ桜娘です!

この小説は前ブログにて連載しておりました
【ふぃくしょん】という小説です♪
所属ギルド crescend requiemのメンバー向けに書いて
おりましたので解りにくい部分もあるかと思いますが
よろしかったら読んでみて下さい♪

感想や質問などありましたら是非是非w

フィクション1

その日はいつもとちょっとだけ違う感じがしてた・・

プロンテラの一角で賑わう人たちを背に私はそっと町を後にした
変わらない景色、ルナティック達が飛び跳ねて
私を見送ってくれているみたいだ。

しばらくするといつも一緒の彼がやってきて私に尋ねた
『あれ持ってきた?』
『うん。ここにはいってるよ』私はポケットなかのそれをそっと確認すると
ふたたび手を離した。

『たしかmemoが・・』
彼は先日記録しておいた場所を探している。
『あ・・あったあった』
ハイプリーストにもなって触媒なしに使えない魔法があるのも
大変だなと日ごろの感謝も忘れていると

『ん・・どうかした?』
『あ・・いやいや・・・なんでもないよー』
『桜・・熱あんじゃない・ボーとしてるよ』
『いやいつものことだから。』
そんなやりとりをしながら彼はワープポータルを開いた

『さあみんなまってるから急ごう』
『うん・・』

ほんのすこし躊躇してワープポータルに飛び込んだ
周りの景色がかすれて見えて意識がすこし薄くなる・・

意識がはっきりして視界が開けてきた

『遅いよー』錬金術師が生み出したモンスターと遊びながら言った
むこうでは自慢のジュルを丹念に磨いている暗殺者
カートいっぱいにマステラの実をためこんだブラックスミス

『ごめんー装備に時間かかっちゃって』
『桜がまちがえて動物弓でくるから』

『聖ちゃん内緒にするって言ったのにー』

『・・・・・』
『まあいくなら早くいこうよ』ブラックスミスが重いカートを
持ち上げながら言った

『うん・・じゃあ早速いこうー』
私はポケットから魔王の嘆きを取り出すとそっと噴水台に掲げた
まばゆい光が体をつつむ・・

『あれ?・・』いつもと違う空気と音
頭上の鷹も必死にわたしにしがみつく
『あれ・・あれ・・・制御できない・・』

大きな光の中心に吸い込まれるように白で覆われた世界がやってくる
しばらくして目をあけるとこがやっとできるようになると
・・・私は一人で『そこ』にいた・・

その日はちょっとだけいつもと違う感じがしてたんだ・・
あのときそう思ってた・・・

つづく・・

 小説【ふぃくしょん】no2-no35

フィクション2

『あれ・・?あれ?ここどこなの?』

みたこともない風景・・非日常的であり現実感のない景観
『月さーん!聖ちゃーん!』

『らざーん!ちこりー!』
声を枯らして叫んでみても返事がない・・

急激に襲う孤独・・どこかから誰かに見られているような不安

そんな不安に耐え切れなくなって腰袋から蝶の羽をとりだした。
羽を二つに折って頭上に掲げてみる・・
しかしなにも反応がない・・

『え・・帰れないの?・・』
何度も何度も同じことをしてみたが行為だけがむなしく過ぎていく
無駄なことだと諦めるのにそう時間はかからなかった

『出口をさがさなきゃ・・ここはゲフェニアダンジョンのはずだし・・』
みたこともない風景だがそう信じるしかなかった
そうしなければ諦めに負けそうな自分がいたからだ。
とりあえず歩き出してみた

モンスターの姿はない・・はっきりとした気配はないが
何かを感じるだけだ・・ここの樹木は一様に枯れ果て目印に
なりそうなものがないので矢を木の根元に指して歩いた

1時間くらい歩いただろうか
出口の見えない不安に襲われながら周囲を気にして
北に進んでいる・・

『え・・・』

目の前には銀の矢が刺さっている木が一本・・
私はそこに座り込んでしまった・・

つづく

▼Read More


 小説【ふぃくしょん】no36-no61

ふぃくしょん36

ガゼル達の中央に生まれ出た球体は次第に綺麗な円を
描き大きくなっていく。直径1メートル程度までになり
白い光を帯びて安定してきた。

その場にいる全員がその球体に意識を集中させる。

不思議なもので誰かの気がそれるとその球体の形状も
歪んで変化していった。

『みんな・・がんばれ!俺たちが道をつくるんだ!』
強靭な肉体をもつとはいえないがそれを精神力でカバーしようと
魔導師のケッァカトルが声を上げる。

『遅れてきた俺たちにできることはこれくらいしかないが・・全力をつくすんだ!』
龍拳が力任せに球体を安定させようとする。

『お願い・・つながって・・・』ルーシアがすがるように祈りをこめる。

そのとき球体の中央が青く光り中から見慣れた腕が出てきた。

『!!!もうすこしだ!がんばれー!』ガゼルは意気をあげる。

おおじがその腕に近づきしっかりと掴むと思いっきり引っ張りあげた。

『うぁ~~いたたたた・・・・』月帝は勢い余って壁にぶつかった。

『月さん!』ニルギリがヒールを放つ・・何度も何度も・・

『も・・もう大丈夫だよぉ・・・』空間移動によるダメージよりも
おおじに放り投げられてぶつかった頭のほうが痛かったのだが・・・

続いて羅残がひょっこり顔を出した
『お・・集まりいいな・・・』

『マスター!!』皆羅残を見る・・
『宝なんだったんだろうなー・・・』どうやら羅残はそれがずっと気がかりらしい・・

そして数秒送れて桜娘と聖徳が球体より出てきた。

みな満面の笑みで二人を迎える・・・がなんだか様子がおかしいことに気がついた

『聖ちゃん!なんで止めたの?ひどいよー』

『桜・・あそこで残ってもチコリーの意思を無駄にするだけだ!』

『だって・・・だってそんなのってないよ・・・』
私はその場に崩れ落ちるように座り落ちた。

皆その空気を察したのか凍り付いている。
先ほどまでの笑顔はもうない・・皆今のやり取りで気がついていた・・

静寂を破りhibriaが言う・・・

『ねぇ・・・チコリーは??』

つづく

▼Read More


 小説【ふぃくしょん】no62-no96

ふぃくしょん62

『汝らは貴重な我の生贄・・・見逃すことなどなかろう・・』
ダークロードはニヤリと笑うと呪文を唱えた・・

『これが我の真の魔力・・・人間どもよ思い知るがいい・・
地獄の烈火・・永遠なる炎・・すべてを溶かしすべてを飲み込め・・
贄の死を我に与えその死をもって我支配せり・・
天空の星よ降りそそげ・・・メテオストームLV100!』

暗雲が立ち込めその一点が台風の目のように
渦巻いている・・

雲は天へと吸い込まれ大気を突き抜けて宇宙が見えた。

『やヴぁい・・・』ケッァカトルは本能的にその魔力の大きさを理解した・・
先ほど相殺できたメテオストームとは全然ちがう圧倒的な魔力

そして絶望するしかなかった・・
初めて神に祈る・・・どうか・・・どうか・・・
祈りの言葉も言葉にならない・・

羅残は迷わなかった・・
数秒後の訪れる衝撃・・その大きさに覚悟をきめた。
そして彼は少しでも多くの可能性にかけることにした。

『月帝!』羅残の一撃が月帝の腹部に入る。

『ら・・らざん・・なに・・』痛みにうずくまる。

『あとはまかせたぞ!』

そう叫ぶとおおじの乗っていたぺこぺこの臀部にナイフを突き立てた。
痛みに走り出すぺこぺこに月帝をのせ少しでも遠くへと走らせる。

『ま・・まて羅残・・私も・・・私も・・・』遠ざかる月帝の声

『カトルさん・・おおじさん・・・龍拳さん・・・・悪かったな・・』
羅残が頭をたれる・・

『いや・・それでいい・・みんな死ぬことないよ・・』カトルが微笑む

『さあ最後に悪あがきしようぜ!』おおじが叫ぶ・・
全員はダークロードに特攻した。
全力で全力で攻撃する・・

数秒後空からおびただしい数の隕石が落ちた・・
そしてその場には誰もいなくなった。

つづく

▼Read More


 | HOME | 

プロフィール


桜娘

Author:桜娘
verdandi鯖にてトーキークジ大会を
開催しております桜娘です。(左)
現在LVは97になりました♪
避けない耐えないDS師ですが
見かけたら優しくしてやってくださいませ!


カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



かうんたー



らんきんぐ♪


ランキング参戦中!ここを押していただけますと喜びます♪


fc2ac



バナーです


banner


フリーエリア


ラグナロクオンラインに関する画像の著作権はGRAVITYにあります (C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。